腸内フローラ

乳酸菌は生きた菌と死んだ菌のどちらも大事です!

投稿日:

乳酸菌には生きた菌と死んだ菌があるけれどどちらをとったらいいの?

「生きている菌=生菌」も「死んできる菌=死菌」もどちらも腸内を整える効果があることがわかっています。

 

腸にとって良い働きをする物質をどこでつくるかの問題です。

生きた菌=生菌

生きたまま腸内に届いてから、腸にとって良い物質を作り出します。

 

死んだ菌=死菌

体にとって良い物質を体の外で作ってから、それを食すことで腸内で効果を得ることができます。

 

どちらの菌も必要な菌です。

生菌も死菌もどちらの菌も腸内フローラにとっては良い働きをしてくれるものです。

生活習慣や食習慣などによって使い分けをすると、もっと素敵な「菌生活」がおくれるようになります。

良い菌を身近に感じるためにおすすめです。

 

無料メルマガ登録はこちらからどうぞ!

腸内フローラ専門管理栄養士鈴木ユミコのメルマガ登録

腸のお悩みはありませんか?

腸を整えるといいことがたくさんあります!

✅腸ってどんな働きをしているの?

✅腸と脳の関係は?

など腸に関する色々な情報を食と腸の専門家管理栄養士がお伝えします。

 

-腸内フローラ

Copyright© 腸内フローラ専門管理栄養士が伝える腸と脳の活性食 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.